電力の直接取引を実証

日本一の電力会社と知られている関西電力株式会社(KEPCO)は株式会社三菱UFJ銀行、東京大学、日本ユニシス株式会社と連携について発表した。合同の目的は、分散型電源におけるブロックチェーンの使用に関する研究を行うことである。

KEPCOは、太陽光などの再生可能エネルギーの利用が増加していることから、電力供給システムが完全に変更されている。中央集権的電力供給は分散型の自立型ネットワークに置き換えられる。

時空間での再生可能エネルギー源の不均等な分配のために、直接的な電力取引が必要となる。 このプロジェクトの一環として、取引のためのプラットフォームが作成される予定がある。

以前、アフリカの王子は、Walaと呼ばれるブロックチェーンスタートアップと共に、ブロックチェーンと再生可能エネルギーという2つの技術を組み合わせることを提案した

Comments (No)

Leave a Reply

x
x